開運blog 【longcave】

アクセスカウンタ

zoom RSS 心が軽くなる方法

<<   作成日時 : 2008/02/13 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近怒りっぽくなってしまった。

我ながら情けない・・・。

何がなさけないかというと、怒りは自分を都合の良いように擁護してしまう。
自分が悪い、あるいは自分にも責任があるのに、他者を責めて自分を正当化してしまうゆえの怒りだからだ。

しかし・・・怒りは、心の負担、怯えや悲しいことから自分を守る防御壁でもある。

もちろん、どう考えても自分に非がなく、他者から謂れの無い中傷に怒りを覚えることもある。


分析してみた。

多くの場合、怒りは他者との関係によって沸きあがる感情である。
ほとんどそうだ。
人や動物に限らず、他者との係わり合いによって生じる感情だ。

では、怒りを抑えて、我慢すれば良いのか?
他者への怒りを自己への反省に置き換えれば良いのか?
それでは、心が沈んでしまう。
心がとても重くなってしまう。
怒る自分に嫌気がさし、かといって我慢しつづけても自分が嫌いになってしまう。


そこで僕は考えた。

他者との係わり合いから生じた怒りは、その人に返してしまおう!と・・・

かといって、仕返しみたいなことではない。

重くなった自分の心・・・、いや、心を重くさせた何か・・・、いやいや心の重さそのものを返してしまおう、と。

想像してみた、気分を害した人に、その気分を返している姿を・・・。
原因とか、そんな堅苦しいものではなく。
モヤモヤとした、重い気分を象徴する何かを返している姿だ。
ちなみに僕は黒い玉のようなものを、「これはアナタによって僕の心を重くさせたものです。それをアナタにお返しします」といって渡す姿である。


驚く無かれ!
本当に心の重さが取れたのだ。
ふっと、何かが抜けたような感じがした。

驚くべきことに、その感覚は今も続いている^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心が軽くなる方法 開運blog 【longcave】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる