開運blog 【longcave】

アクセスカウンタ

zoom RSS HAARP陰謀論

<<   作成日時 : 2009/11/09 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

High Frequency Active Auroral Research Program・・・・略称「HAARP(ハープ)」
大出力の高周波を電離層に照射して活性化させ、電離層の挙動や無線通信等への影響を調査することを目的とするアメリカの調査プログラムである。
日本語訳では「高周波活性オーロラ調査プログラム」という。

このHAARP、実は地震兵器や気象兵器として開発されたとか、されないとか・・・
特に、近年発生している大地震はこのHAARPによるものだとする陰謀論が巷を賑わしている(えっ、賑わってない?でも「HAARP」でネット検索すると地震兵器に関するものばっかりなのだ)。

今回はこのHAARPを面白おかしく空想してみる。


さて、僕の空想遊びなのだが・・・・・・・・

ズバリHAARPとは「オーロラ調査プログラムである!」
(まんまやないかいっ!!!)


いやいや、これじゃあ、空想のしがいがない。
実はオーロラ違いである。
オーロラといっても、お空に輝く光のカーテンのオーロラではない。
アメリカ軍が極秘開発している、高性能航空兵器「オーロラ」のことである!
この「オーロラ」、地球製UFOともいわれるようにトンデモナイ性能を有している(噂なんだけど)。
曰く、最高時速はマッハ8。
曰く、航続距離は燃料無補給で1万キロ。
曰く、当然ステルス機能は必須で、なおかつ機体自体目に見えなくする機能付き。
まさに、連邦のモビルスーツは化け物か!?という無軌道ぶりだ。
もっとも、極秘開発なので、姿形は分からないが、想像図はモビルアーマーみたいである。
エルメスっぽい。

真偽の程は定かではないが、こんな高機能の運動性能、秘匿性能があれば、まず普通のレーダーでは観測不可能。
レーダーも高性能化しないと、アメリカ自身、航空兵器オーロラの実験・観察ができないというわけだ。
そこで、HAARPが建設されたのだ。
もちろん、地震兵器だの気象兵器だのはブラフ(虚偽情報)である。
航空兵器オーロラの運用サポートを目的としたHAARPの真実を大嘘で世間の目をくらませているのだ。







な〜んて、僕の空想遊びなのでした^^(CIAの皆さん僕を口封じしないでね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HAARP陰謀論 開運blog 【longcave】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる