開運blog 【longcave】

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間の意志でできること

<<   作成日時 : 2009/11/21 13:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自分の意思でできることは大したことはない。

単純に言い切ってしまえば、自分の間接くらいしか自由にできない。

なのに、人間は高層ビルを作ったり、飛行機に乗って空をとんだり、宇宙にも行けたりしてしまう。

それは、機械を使ったり、コンピュータを使ったりすることで大それたことができてしまうからだ。

しかしながら、個人でなされたことは大したことではない。

失礼を承知でいってしまへば、機械を使うのは手や足でレバーやペダルを操作するだけ。
コンピュータは指で端末を叩くだけ。
複雑なことでも、個人の働き(労働という意味でなく)は単純に随意筋を動かしているに過ぎない。
しかし、そこに思考と「働き」のリンク(連鎖)ができれば、人間はすごいことをやってしまう。
単純な工具を作る人がいて、その工具を使って複雑な機械を作る人がいて、その機械を使ってより複雑な機械を作る人がいて、その機械を使って人間には及びもつかない力を発揮する機械を作る人がいて・・・・・・
リンクの連鎖が大そうな何かに発展する。
でもやっぱり、個々の人間に焦点を当てると、筋肉を動かすことしかしてないのだ。

でも考えてみて。
間接を動かすための随意筋は動かすことはできても、自由に内臓を動かすことができる?
食事を例にとってみよう。
空腹という感覚は自分の意思で起こるものではないし、リンゴを噛み砕き飲み込むことはできても、味わうことは自分の意思で感じることではなく「感じてしまう」だけだし、そもそも消化なんて自分の意思でできる?
心臓だって、自分で動かせない。
少なくとも生命維持に使われる人体の仕組みは自分の意思でどうこうできるものではない。
死ぬことだってそうだ。

人間は個人の「意思」で死ぬことはできない。

意外だろうか?

でも実際そうなのだ。

自殺というものは確かにできる。
ただし、自分の意思だけで死ぬことはできない。
ロープで首を吊ったり、高いところから飛び降りたり、薬品をつかったり、「自分の体の活動を停止するだけ」なのにロープを結んだり、わざわざ高いところに行ったり、誰かが作った薬品を飲まなければ死ねない。
自分が「死ぬ」という命令をだしても、思い込んでも無駄なのだ。
自分の命を終わらせる為には、唯一自分の意思で動かすことができる随意筋、つまり、指や足や喉の筋肉を使って、「何か」あるいは「状況」に殺してもらうしかないのだ。



人間は生きることも死ぬこともままならないのだ。

自分の意思で生きることも死ぬこともできないのだ。

これが、宗教やスピリチュアルで言われている「人間は生かされている」ということだろう。


いつものように、文をつづっているうちに訳分からないことになってきたが、まぁ、僕が言いたいことは・・・



誰かの受け売りのような、スピリチュアル本・宗教本だとかの影響だとかではなく、「生きている」ということを、こういうレベルで認識していってもらいたい。
どこぞの神様が宣託したとか、そういうのではなく、自分の指先を見てるだけで気付けるような・・・



なんか、えらそうでゴメン・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間の意志でできること 開運blog 【longcave】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる